2016年11月30日水曜日

『ニーゼと光のアトリエ』 試写会






































学生限定試写会:ホベルト・ベリネール監督『ニーゼと光のアトリエ』
[日程] 2016年12月13日(火)18:00~
[場所] 東京外国語大学プロメテウス・ホール
[概要] ショック療法が当たり前とされ、精神病院が患者を人間扱いしていなかった時代を背景に、
画期的な改革に挑んだ女性精神科医ニーゼの苦闘を描いたブラジル映画。1940年代のブラジル。
精神病院で働くことになった医師のニーゼは、患者に対するショック療法など、暴力的な治療が
日常茶飯事になっている現実を目の当たりにし、衝撃を受ける。男性医師ばかりの病院で身の
置き場も少ないニーゼだったが、患者を病院の支配から解放するため、患者たちに絵の具と筆を
与え、心を自由に表現する場を与えようと試みる。主人公ニーゼ役は、ブラジルの名女優
グロリア・ピレス。監督はドキュメンタリー出身のホベルト・ベリネール。2015年東京国際映画祭
グランプリ・最優秀女優賞。リオデジャネイロ国際映画祭2015観客賞受賞。
http://maru-movie.com/nise.html

火曜3限「グローバル・スタディーズ」を以前受講していて、ちょうどいま卒論(ベンガル分割反対運動にかんする
タゴールの詩作をテーマとする論考)を執筆しながら、この試写会の実現にむけて努力しているヒンディー語科4年生の方から、上のお知らせを受けました。当日は喜びをもって、鑑賞に出向こうと思っています。作品のトレーラーと、関連記事も、ご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=RlUH_BU3M3U
http://news.infoseek.co.jp/worldcup/article/eigacom_20161009002

2016年11月23日水曜日

Denis Mukwege ヒポクラテスの怒り


 

 紛争下そしてグローバル経済下の、組織的性暴力の実態。
 1996年以来、きわめて不安定な情勢が継続するコンゴ民主共和国東部ブカヴの医師、ドゥニ・ムクウェゲ氏は、組織的な性暴力の被害者となった女性たちの治療と救済に努めてきた人物として広く知られています。
 ムクウェゲ氏の活動をテーマとした長編ドキュメンタリー映画(日本語字幕版)の上映会を、次週11月30日、東京外国語大学現代世界論コースで開催します。入場無料で、他学部・他コースの学生も歓迎します。

 『女を修理する男 - ヒポクラテスの怒り L'homme qui répare les femmes : la colère d'Hippocrate』
   réalisé par Thierry Michel,  1h52m, 2015 (日本語字幕:八角幸雄/監修:米川正子)

 映画上映会+講演会
日時: 2016年11月30日(水) 17:40-20:00
会場: 研究講義棟2階 227教室

 今回の上映会は、「コンゴの性暴力と紛争を考える会」の米川正子さん(立教大学)、そして本コース同僚の
金富子さんのご尽力で可能となったものです。作品は、NHKBS1で今年8月24日に放送された『ムクウェゲ医師の闘い-コンゴ』(50m)の完全版にあたるものです。

 きわめて良質なドキュメンタリーで、問題の深刻さを突き付けてくる映像作品としての出来ばえも見事というしかありません。来場、鑑賞、省察をぜひおすすめします。

 本作のトレーラーもネット上で確認できますが、それ以上に、本作の音楽担当者Edo Bumbaによる下記PVが非常に印象的です。冒頭何十秒かの辺りに、リベリア内戦中の国境の街で自分が何度も出遭ってきたような、雨降る夕暮れの情景が一瞬流れていきます。

2016年11月12日土曜日

『人種神話を解体する』


竹沢泰子さんを共編者とする全3巻のシリーズ論集『人種神話を解体する』が、この秋に東京大学出版会から相次いで刊行されています。

川島浩平・竹沢泰子 編
  『人種神話を解体する3  「血」の政治学を越えて』
  東京大学出版会、2016年9月30日発行。

斉藤綾子・竹沢泰子 編
  『人種神話を解体する1 可視性と不可視性のはざまで』
 東京大学出版会、2016年10月27日発行。


「メディアや文化における「血」の語りの構成を明らかにしつつ、自らの生き方と葛藤によって社会的実在としての人種概念を少しずつ動かし解体してきた、“境界に立つ当事者たち”の姿を仔細に追うことで、人種という表象、人種という知の今後の姿を見る」

「本来見えるはずのない人々の差異は、歴史・社会的にどのように徴づけられてきたのか。人種主義は社会階層、ジェンダー、民族の政治(ポリティクス)とどう複合してきたか。見えない人種が創られていく現場に、近代史と現代、日本とアジア・ヨーロッパ・アメリカの事例から切り込む」
      (それぞれ、3巻、1巻のパンフレット案内文) 

 3巻本の論集にそなわる特色のひとつに、「現代日本社会の諸問題と、世界の人種研究の現在をリンクさせる」点が挙げられています。

 その趣旨をまさに反映するかたちで、たとえば第1巻の第2部から第3部の冒頭にかけて、合州国の「ニグロ」人種判定裁判、天皇制、ロマを題材とする論考が息もつかせず連続しながら繋がっていくその配置に、とりわけ感銘をうけました。

  人種という人間の神話的分類にまつわる自社会/異社会の歴史的基盤を同時並行で掘り返していくうえで、今後欠かすことのできない大きな参照軸になる共同研究の成果だと思います。これはおすすめです。

2016年10月22日土曜日

ホッピー文化研究会編 『ホッピー文化論』 ktkr


ホッピー文化研究会編  『ホッピー文化論』ハーベスト社、2016年8月30日発行。

  文化人類学の若き俊英たちが「ホッピー本」を出すというカゼの噂を、わたしはさる消息筋をつうじて数年前からひそかにキャッチしていた……というのは真っ赤な嘘で、この本の発起人にあたる藤野陽平さんが北大に就職される以前、かれと東京で私的な「ホッピー研」をときおり開きつつ、この論集の刊行を心待ちにしていたというのが本当のところです。

  当時ひらいた研究会は、全部で3回ぐらいだったでしょうか。阿佐ヶ谷、蒲田、東高円寺の各名店には、藤野さんに連れて行ってもらった記憶があります。わたしも錦糸町の無国籍歓楽街付近にホッピーのよさそうな店を見つけてはいたのですが、そのうち藤野さんの就職が決まり、自然解散のようなかたちになっていました。そういえば今度はいっしょに行こうと約束していた蒲田のグランドキャバレーにも、まだ行けてはいない。

「本書が訴えたかったのは、ホッピーという東京近辺でよく見かける ようになったが、なんだかよくわからない身の回りにある「異文化」を掘り下げていくことで、現代社会や近過去の歴史がよく見えてくるのではないかということである」 (藤野陽平 「おわりに」より)

「ホッピーが許容される場所の限定性は、最初の一杯に「とりあえず」注文されることの多いビールが獲得している高い汎用性と対照的である[…]ホッピーはよりマイナーで特異である。ナカだの、ソトだの、三冷だのといった呪文のような合言葉はわかる人とわからない人を選別し、秘密結社じみた雰囲気がある。以前に比べれば知名度が上がったとはいえホッピー自体まだまだ知らない人も多い」
                          (本書所収、藤野陽平論文「ホッピーが醸し出すノスタルジア」より)

これらの呪文をフィールドで手ずから教えてくださった笑顔愛くるしい我が恩師の文章、さすがに名文です。

拙宅書斎では、佐藤和歌子の名著『悶々ホルモン』の隣りに、この本を収蔵させていただきます。

2016年10月14日金曜日

秋学期ほか

à Kidira  (2010, I. Majima)
今月第1週からはじまった秋学期は、月曜・火曜に授業が集中する格好に。2日で実質7コマ状態となり、火5終了後は毎週もうろうとしています。

月3  3年ゼミ読書会 アレント『人間の条件』
月4  M演習  不可視委員会のテクスト
月5  D演習 バタイユ『普遍経済論の試み』
火1  基礎演習 『東日本大震災の人類学』
火3  学部選択講義 暴力論
火4  学部3年ゼミ  ゼミ論 writing up
火5  学部4年ゼミ   卒論 writing up

夏合宿で、ゼミ生のみなさんから「現実に比べてちょっともう若杉」との厳しい指摘をいただいていた本ブログのプロフ写真を、最近やっと変更しました。去年のポートレイトゆえ、もう文句は言えまい、フハハハハ。

2016年10月9日日曜日

高頭組のシゴト、続々刊行!
























  高頭組(タカトーグミ)というのは、わたしが勝手にそう呼んでいるひとびとの「通称」で、ことし3月に高頭麻子さんが日本女子大で企画・開催したシンポジウムをきっかけに結成(?)されたグループです(くわしくは本ブログ2月24日付記事を参照)。

  初めてお会いしたのにたちまち互いが意気投合、というじつに直線的な軌跡をえがいた事前打合(組結成日)の晩の記憶は、わたしのなかでいまだに鮮烈です (右下写真、左より温又柔さん、大辻都さん、高頭麻子さん、真島、沼野恭子さん @高頭研究室)。

  そんな高頭組の方々が、秋の声をきいたとたん、次々とお仕事の成果を発表しはじめました。

  Ⅰ. なによりまず、「永遠の不良少女」高頭さんは、1997年の『めす豚ものがたり』、2013年の文学論『警察調書』につづいて、おなじダリュセックを著者とする小説『待つ女』の日本語訳を出されました。

マリー・ダリュセック  『待つ女』(高頭麻子 訳)藤原書店、2016年10月10日発行。

  「虚飾と欲望の都ハリウッドで出会い、恋に落ちた黒人俳優と白人女優。男は、植民地時代のアフリカを描くコンラッド『闇の奥』を、自らの監督で映画化するという野望を抱き、現地ロケへと旅立つ。男を追ってカメルーンに向かった女の切ない恋のゆくえは……?」 (裏表紙リード文より)

  高頭さんからはドラフト段階から本書の訳文を読ませてもらっていたのですが、読んでいてドキドキする場面が多かったのを憶えています。なにしろ原題からして、Il faut beaucoup aimer les hommes ですし。

  Ⅱ. 沼野恭子さんは、現代ロシアの作家スタロビネツのデビュー作を共同翻訳として発表されました。

アンナ・スタロビネツ  『むずかしい年ごろ』(沼野恭子・北川和美 訳)河出書房新社、2016年9月30日発行。

  ただ、淡い青と赤からなる表紙の色調を一瞬ステキと思ったのもつかのま、その青と赤のなかに描かれた形相が暗示するように、この書がホラー作品集であり、そもそもスタロビネツがそのジャンルでの鬼才として名高い事実を今更ながらに知ったとたん、戦慄がはしりました。恥ずかしながら、ホラーに属する文章や映像に、わたしは怖くて近づけないからです(買っても読めなかった経験も何度かあり)。沼野さんの「訳者あとがき」は一読しましたが、「背筋が凍りつくような恐ろしい内容」として紹介されている表題作はまず無理として(一人称複数で表象されはじめる憑依…ハードル高すぎ…)、「どれも薄ら寒い恐怖」を抱かせる作品群のなかで、わたしのような者でも比較的耐えやすい所収作品をこんど直接教えていただこうと思っているしだいです。

 「もうだめだ。いっしょに絶望しましょう。- 藤野可織
                        こわい。こわい。僕が「蟻」におかされる」  (本書帯より)

  Ⅲ. 作家の温又柔さんは、デビュー作「好去好来歌」と表題作をおさめた『来福の家』の新装版を届けてくれました。

温又柔 『来福の家』白水社(白水 ブックス)、 2016年9月30日発行。

  感性の触手をそのつど確認しながらなるべくスローに精読しようと思い、そうした読み方を意識的に採るのが相当久しぶりで気を張っていたからなのか、「好去好来歌」の冒頭わずか数ページをすぎた辺りから、 もう胸が締めつけられそうになってしまいました。「来福の家」もすべて味読したあとで、やはり「好去好来歌」へとたちもどり、その世界に惹きつけられていくのは、読み手にたいして終始張りつめた、ときに冷徹でさえある緊迫した物語の道行きが自分の好みに近かったからでしょうか。そして緊迫は、温又柔の読者が事によれば最初からそのように要請されがちな、言語をめぐる葛藤それ自体からのみ生じているようには思えません。いまの自分には、まず年齢的にいささか縁遠いものとなった、密室での、あるいは「福州家庭菜」の店内での通い合いの緊張感が、この作品から存分に伝わってきた(呼び覚まされた)ことだけは、ひとりの読み手として確言できると思います。「来福の家」のリミちゃんが、エミちゃんはナニジンなのか訊かれたときに、「わかんない」と答えたように、言語と人間の分類は、その種の緊迫をひきおこす遠因にこそなれ、緊迫の本質にはなりえないと言いかえてもいいと思います。
  言語という/から生ずる事態の重苦しさを避けがたく想像しながら、かつ言語を本質としない生の緊迫ぶりを跳躍さながらに/官能の塊ごと想像すること。

---------------
「お祖父ちゃんがくれたのよ」
手の中の象牙の判子をさすりながら、低い声で縁珠は繰り返した。
---------------

台湾を捨てて、中国を選んだ総理大臣と同じ苗字が記載されているパスポートを、見せてもらおう。縁珠は思った。

---------------

 - 好きになった人と、遠くに行こうとするねえ……
 木陰のような家のなかに、曾祖母の奏でる土地の言葉がやわらかく沁みわたった。

---------------

2016年10月4日火曜日

学会誌 『文化人類学』

今年の4月から、日本文化人類学会の機関誌『文化人類学』編集主任の仕事をしています。

 前期編集委員会からの複雑な引継作業をひととおり終えたのち、このほど今期編集委員会が担当する最初の号、第81巻第2号が出版されました。

 編集委員は20人の大所帯で、委員各位にさまざまな業務を分担していただいているものの、これがけっこうハードな仕事です。
 査読をはじめとする種々の依頼メールや、査読審議メールの案文を作成・送信するのが編集主任の主作業である一方、編集業務に関わる受信メールだけでも、すでに9月半ば(仕事をはじめて5カ月半)の時点で1,000通を超えました。
 また、各号の出版に先立って、編集主任だけは、編集の事務担当者とともにゲラを二校まで全読みしなければなりません。本誌は年4回の発行で編集委の任期は2年ゆえ、今後も3カ月ごとに、あと7回は産みの苦しみを味わう計算になります。
 昨年度から仰せつかった東京外国語大学出版会の編集長の職務とあわせて、再来年の春まではなんとかこれら一連のタスクを日々の生活のなかでこなしていかなければなりません。


とはいえ、査読や校正のプロセスで投稿論文を(半ば否応なく)熟読する作業をつうじ、文化人類学のさまざまな問題系にかかわる最新の動向に対峙することのありがたさを、さっそく実感し始めていることも事実です。 
 文化人類学はいま、どのような相貌をとりつつあるのか。左に掲げた本号の目次(クリックで拡大)から、その姿を多少とも望見してもらえるように思います。今号では編集後記も書かせていただきました。

 
真島一郎 「編集後記」『文化人類学』 81(2): 385-386、
                           2016年9月30日発行。