2016年7月10日日曜日

原初的叛乱者の系譜

クリックで拡大
年間の教壇暮らしで最も消尽する
水曜6限(17:40-19:10!)の講義
「世界から考える沖縄」が、
今夏も無事終了しました。

ことしも昨年とおなじメンバーによるリレー講義。どなたの講義内容も、他のふたりに比べるとかなり異様にみえるという、稀にみる攪乱的・理想的なリレー内容。

2年生になったばかりの学生を中心とした100名をこえる受講者に、
わたしが今年伝えようとしたのは、上原安隆の不在の遺書を想像すること、ただその一点でした。

原初的叛乱者たちの隠された系譜をたどる、という今年のサブテーマには、いうまでもなくホブズボームの初期の著作 Primitive Rebels (邦訳タイトル:素朴な反逆者たち)の発想がその基盤を形成しています。系譜、ということばづかいにも、あるいは山口昌男の「徒党の系譜」がインターテクスチュアルに裏書きされているのかもしれません。 昨年、クルギの面々と琉球大学の日本平和学会秋期研究集会で開催したシンポジウムで、阿部小涼さんが言及された「見えないアーカイヴ」のイメージさえ、このテーマにおのずと流れ込んでくるような気もします。

上原安隆の遺書をあらためて想像するにあたり、北条民雄から谺雄二へ、伊藤野枝から向井孝へと、今回は相当な遠まわりを必要としました。くわえて、わたしが折にふれて言及したハキム・ベイや蓮實重彦の一節に、ポカンとしながら何か強いものを受講者の方々が直感してくれたならなあ…と今は思っています。

いずれにせよ、わたしのような者が今の時点でまがりなりにも上原の遺書を想像する作業にとりかかれるのも、ひとえに森口豁と仲里効が重要な仕事を残し、事件を常なる現在として風化させずにきたからに他なりません。森口のドキュメンタリー映像『激突死』それ自体、そして写真集『さよならアメリカ』(仲里効 解説)に再録されたあの一文の重みを、今回もまた、あらためて痛感したしだいです。

森口豁 「たった一人の「コザ暴動」 喜瀬武原・東京・そして今」 2011年(初出2000年)

2016年7月3日日曜日

アリエル・ドルフマンと飯島みどり


畏友・飯島みどりさんがまたもや、すばらしい訳業の贈り物を届けてくれました。

アリエル・ドルフマン 『南に向かい、北を求めて-チリ・クーデタを死にそこなった作家の物語』
  飯島みどり 訳、岩波書店、2016年6月22日発行

歳月をかけ、ひとりの表現者のうちで有無をいわさず抜き差しならなくなっていく、スペイン語(カステジャノ)と英語、ふたつの舌=ことば(レングアヘ)との、狂おしい契り。 ヤヌスの顔をおびたその場に東アジアの翻訳者がおそらくこれまた相当な歳月をかけて憑依しまた憑依されていったなまなましさを、彼女の最終的な訳稿のうちで、テクストそのものをつうじて読み手が後追いできることの至高性。それはまた、ツイン・タワーの2001年に横領された9月11日を、このあと何度でもチリの1973年に引き戻そうとする二人の翻訳者、ドルフマンそして飯島の、力の至高性にも繋がれているはずです。

「 […] 北に向かい南を求め、もはやそこに暮らしてはいない南を求めて、南よ、千々の形を取り、数多の仮面をつけてとうとう君の許へ戻り着きつつあったのに、ピノチェトをもものともせず僕の国を取り戻しつつあったのに、
それなのにその僕の国をまたもや、自分では如何ともし難い歴史/物語のせいでまたも失うことになってゆくとは。[…]」   (>「終章」)

なお、「日本語版への付録」として本書末尾に添えられた、2006年ピノチェト葬儀をめぐるドルフマンの-ひとつの、それともふたつの?-短いテクスト、「さよなら、おじいちゃん Good-Bye to a Grandfather」/「孫たち Los nietos」は、この直後に併載された「訳者あとがき」と合わせて、必読に値する翻訳論としての批評性、というより起爆力にちかい詩趣を湛えています。訳文そのものの流麗さも込みで、見事というほかありません。

「[…] 絶えず回帰する傷を残すような抑圧 […]」  (>「孫たち Los nietos」)

2016年6月16日木曜日

『初期社会主義研究』第26号/シンポジウム「大杉栄と現代」

初期社会主義研究会の機関誌最新号が、先週とどきました。待望の一冊です。


『初期社会主義研究』第26号
2016年6月5日発行

特集1
『大杉栄全集』完結記念
特集2
女性解放と初期社会主義


大杉全集の完結記念として、じつに興味ぶかいシンポジウムの開催も予告されています。これは欠席できません。

シンポジウム
「大杉栄と現代」
2016年7月2日
午後3時~5時30分

明治大学和泉キャンパス
第1校舎303教室

参加費無料

後援:初期社会主義研究会/アナキズム文献センター/ぱる出版

2016年6月9日木曜日

温又柔 講演会 「中国語の苦手な台湾人」

温さんが今月23日、東京外大で特別講演をなさいます。

リレー講義「世界文学に触れる」特別講演会

温又柔 「中国語の苦手な台湾人 - たった一つの、
      わたしのものではない日本語で語ってみる」

2016年6月23日(木) 16:00-17:30
東京外国語大学 府中キャンパス101教室


ご講演のこの副題から察するに、お話は、他者の単一言語使用をめぐる問題の深みにまで分け入っていくのでしょうか。しかもこの日は、奇しくも慰霊の日。ご講演のタイトルからは、仲里効さんの『悲しき亜言語帯』 まで想起されてくる感じです。


一般公開・入場無料
Entree libre !  Venez nombreux !


2016年6月1日水曜日

クワズイモ、咲く

自宅リビングのすみに何年も置いてきた鉢植えのクワズイモが、はじめて花をつけました。クワズイモの花は、はじめて見ました。

どういう具合で、どういう気持から、クワズイモくんが
とつぜん花を咲かせたのか、とんと分かりません。

開花は先月5月の中旬で、花はほんの数日の命でした。少しおどろいたが、またこんど会おうね。じゃあね。



2016年5月13日金曜日

目取真俊講演会


あすは府中で「イーダ」を観たのち、
その足で市ヶ谷へ移動しなければなりません。

目取真俊講演会

2016年5月14日(土) 18時開始
法政大学(市ヶ谷)ボアソナードタワー
26階A会議室

主催:
「路上で抗議する表現者の会」準備会/法政文芸

2016年5月12日木曜日

ショインカ 『狂人と専門家』


国際演劇協会日本センター発行の
『紛争地域から生まれた演劇』最新号(第7号)を
このほど粟飯原文子さんから送っていただきました。

同誌に収められているのは、昨年末に東京芸術劇場で開催された同名タイトルのリーディング公演で対象となった戯曲三作の日本語訳です。そしてそのひとつが、何あろう、1970年代初頭のショインカの戯曲なのでした。

ウォレ・ショインカ 「狂人と専門家」(粟飯原文子 訳)
 『紛争地域から生まれた演劇』第7号、5-86頁、
                        2016年3月27日。

昨年末の公演には両日とも都合で足を運べなかった私のような者にとり、たいへんな贈り物を頂いた気持でいます。併載されている粟飯原さんの解題文「“意味”がやってくるのを待ちながら」 によれば、この戯曲は、ビアフラ戦争時に投獄されたショインカが、約2年の獄中経験から着想を得て生みだした作品とのことです。


1980年代前半にアチェベと交わした対談中で、山口昌男が、ビアフラ内戦後のナイジェリア文壇を襲った亀裂の凄まじさについて語っていたことが想い出されます。そして、渦中にあった彼の盟友、ショインカ…

「ウォレ・ショインカにはじめて会ったのは、1964年[…]イバダンにおいてである[…]町の中に「ムバリ」という[…]クラブがあった。地方色豊かな踊りや劇を上演し、芸術家たちのたまり場として使われていた。あるとき、私は同僚のレイモンド・アプソープとクラブに居た。中西部の踊りのグループのパフォーマンスを見るためであった。会が終わるとショインカがカンパを求めて聴衆の間を回り出した。私の席にも足をとめて、何か二言三言しゃべったが、何を話したのか憶えていない[…]ショインカが[…]ビアフラ戦争の最中に和平交渉を秘かにすすめて、スパイ行為の嫌疑で逮捕され、投獄されたとき、私は日本からナイジェリアに戻り調査地にあった。新聞・雑誌・ラジオの報道でショインカは袋叩きにあっていたように記憶している[…]」
(山口昌男 「ショインカとの再会」『読売新聞』
                    1987年10月15日夕刊)